■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■クライマーズハイ 日航機墜落事故

原作者の横山秀夫が新聞記者時代の1985年
日航ジャンボ機JAL123便墜落事故に基づいてた
小説が映画化されたものです。
以前、NHKでドラマ化されたクライマーズ・ハイの映画版ですね。


【ストーリー】

群馬県,北関東新聞社。地元が現場となった,
世界最大の航空機事故の全権デスクに任命されたのは,
組織から一線を画した遊軍記者・悠木和雄(堤真一)だった。
モラルとは?真実とは?新聞は<命の重さ>を問えるのか?
プレッシャーに押しつぶされながらも信念を貫き通そうと
必死にもがいた悠木が見たものは?
あの暑かった夏をひときわ熱く駆け抜けた
新聞記者たちによる濃密な日々の記録である。


【スタッフ・キャスト】

原作 : 横山秀夫
出演 : 堤真一堺雅人山崎努


横山秀夫の小説は元新聞記者だけあって、
警察や裁判そしてマスコミの実態がかなり忠実に再現されていて
何冊か読みましたが、震度0半落ちなどいい作品があります。
このクライマーズ・ハイも原作を読み大変よかったです。
新聞記者の目線で世界最大の航空機事故を描いたものでした。
映像化されたのは3.4年前にNHKで2夜連続のドラマでした。
こちらは全権デスク悠木役を佐藤浩市が演じてました。
NHKのドラマの方が原作をより忠実に再現されていた様に思います。
映画版は今回ブルーレイで観ましたが、映像もきれいでしたが、
やはり、NHKのドラマ版の方の感動が大きすぎて、
映画版のクライマーズ・ハイが違う映画のように思った。
NHK嫌いの私ですが、、NHKドラマ版クライマーズ・ハイをオススメします。

関連記事
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

権左ヱ門(ごんざえもん)

Author:権左ヱ門(ごんざえもん)
コメント・相互リンク大歓迎です
よろしくお願いします

ブログランキング    


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村
おきてがみ
足あとを残せます。

広告

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。